現役医師による美容外科コラム

Case

目の形成/二重切開法刺青(タトゥー)除去/タトゥー除去・レーザー

  • 第215話 2013/01/30
  • 刺青切除・刺青除去レーザー

【二の腕の刺青を1回で切除】傷跡のビフォーアフター写真

まず、このお話にご協力いただいたモニターの方々に心より感謝いたします。

刺青切除のご質問で一番多いのは、何と言っても時間と治療費に関する事です。

したがって、現場の医師としては、いかに短期間で安価に手術を済ませるのかということも重要です。

では、1回で切除しきるように頑張ってしまえばよいのでしょうか?切除する柄が大きければ大きいほど残った皮膚を寄せ合わせる距離が大きくなってしまいます。

したがって必然的に1回で切除出来る範囲には、限界があります。

これを知らずに手術をすると、術後に傷跡が開いてしまうというようなトラブルが起こってしまうことがあります。

患者さんの中には、『私がデザインするので、そこで切って下さい』ということをおっしゃる方にお会いすることがあります。確かに、切除というものは切り取って縫い合わせるだけなのですが、どのように切り取るかはプロとしてのセンスが重要です。

今回は2人の方をご紹介したいと思います。同じ場所ですが、柄の形状や大きさが全く違います。
はじめに、比較的小さな刺青切除の方をご紹介します(写真1,2)。
Before Before
After After

このような場合は当然のことながら、一度で切除が可能です。

しかし、まっすぐ上下に切ってしまうと、傷が目立ってしまいます。ですから、なるべく傷が目立ちにくく治るように斜めに切るなど術前のデザインにも気を遣います。

After
次の方は、同じ場所ですが、男性で皮膚が伸びにくく、柄も大きいという点が異なります。

しかし、このような方も1回での切除が可能です(写真3,4)。
After
このような場合も単純に直線に切除するだけでなく、ジグザグやカーブを利用するという特殊な方法で切除することにより傷が目立ちにくく治ることが期待できます。
After
この方の抜糸直後(写真5)をお見せしますが、比較していただくと、
このように少しずつ傷が落ち着いていくというのがお分かり頂けると思います。
いつも書きますが、どのような手術でも担当医の手術技量というものが手術の結果を左右します。たかが切除、されど切除。担当医の技量を見極めたうえで手術を受けられることをお勧めいたします。

タトゥー・刺青除去の治療費、施術費に関しては、こちらを御覧下さい。

http://www.dr-yamamoto.com/cost/?ca=5


ご質問がある方は、こちらまでメールを頂きたいと思います。

http://www.dr-yamamoto.com/contact/


私が責任をもって拝読させていただいておりますが、時間の関係上、スタッフが返信を書かせて頂いております。

また、スタッフブログもぜひご覧下さい。

http://ameblo.jp/yamaclistaff

二の腕刺青、上腕刺青、刺青除去、刺青切除、安く切除

BACK 一覧へ NEXT
メールでのお問い合わせ・ご相談はこちら