現役医師による美容外科コラム

Case

目の形成/二重切開法鼻の手術/複合手術(2つ以上の手術)

  • 第422話 2020/08/11
  • 複合手術(2つ以上の手術)

鼻尖形成術(団子鼻手術)、小鼻縮小術をやっても大きく変わらない??

まず、このお話にご協力いただいたモニターの方に、この場をお借りして深謝いたします。

今回ご紹介するのは、鼻尖形成術(団子鼻手術)と小鼻縮小術を同時に受けられた方です。

手術の方法に関しては、他のコラムでもご紹介していますので、そちらをご参照頂きたいと思いますが、『2つも手術を受けて、これだけなの?』と思われる方と、『2つの手術がバランスよく調和している』と感じられる方に分かれるかと思います。

私は、大きな変化を出して、別人にするというよりも『何となく変える』という手術を得意にしていますし、悪い言い方をすると、それしか出来ませんので、症例写真からその感性を汲み取って頂きたいと思います。

では、正面の術前(写真1)と術後3か月(写真2)の状態変化をお見せしたいと思います。
Before Before

手術前(写真1)

After After

術後3カ月(写真2)

小鼻も小さくなっているのですが、『何となく鼻のサイズがダウンしたように感じる』のではないでしょうか?

After

手術前(写真3)術後3カ月(写真4)

下から見て頂くと、術前(写真3)と術後(写真4)では、小鼻の横幅が小さくなり、鼻尖(鼻先)が少し高くなっているのがお分かりいただけるのではないでしょうか?
After

切除幅(写真5.6)

小鼻の横幅が変化しているので、さぞ多く小鼻を切除するのではないかと思われがちなので、スケールを入れたもの(写真5, 6)をお見せしますので、ご参考にして頂きたいと思います。
After

デザイン(写真7)

実測値を見て頂くと、『案外切っていない』という事がお分かりになると思います。

このデザインが非常に大事で、小鼻の外側の曲線を引く際にも気を使っています(写真7)。

このように一見、単純に引いた線に見えますが、そこには経験値が必要で、『美容外科の手術はデザインで決まる』と考えています。

私は、これを『デザイン力』と呼んでいます。
After

片側縫合後(写真8)

では、このような少量切除で、変化を出すのは何か?という疑問が生じるかもしれませんが、これには私の職人的な工夫(企業秘密?です)があります。

実際にどの程度変わっていくのかを、術中の片側手術が終了した状態(写真8)をお見せしたいと思います。

このように、どの程度小鼻を切除するかが大事であると同時に、どのように縫っていくかという技術的な部分も、もちろん大事です。
他院小鼻縮小術後に、小鼻が二段になってしまったというような方にお会いすることもありますが、これには、

1.手術デザイン、
2.手術中の縫合方法

という2つの要素に影響を受けていることがほとんどで、修正手術により改善が見込めます。

しかし、小鼻の切除が多すぎで、小鼻が小さくなってしまった場合には、非常に修正が難しいくなってしまいます。

当院は、修正手術を積極的に行っているために、色々な医療機関で手術された方にお会いします。

いつも感じるのですが、修正手術を受ける必要が無いように、手術前に『担当医の好み、考え方』を把握するがことが大事だと思います。
こちらの方の手術後の腫れはNOTEにてご紹介しております。
https://note.com/yamamotoclinic/n/nf998282d0568

手術後の変化についてはブログにてご紹介しております。
https://www.dr-yamamoto.com/column/?id=1597132513-225362&ca=
※※出血シーンが含まれておりますので、閲覧にはお気を付けください※※



手術名:鼻尖形成術(鼻尖縮小)+ 小鼻縮小術(鼻翼縮小)

手術内容:鼻尖形成/鼻先を細くする
    :小鼻縮小/小鼻を小さくする、鼻の穴を小さくする

副作用(リスク)
:鼻尖形成/鼻先にテープ固定、皮下出血の可能性・
        :小鼻縮小/皮下出血の可能性、切除しすぎると不自然な小鼻になる可能性がある

施術料金:鼻尖形成術(鼻尖縮小術)¥264,000(税込)モニター料金¥211,200(税込)
    :小鼻縮小(鼻翼縮小)¥297,000(税込)モニター料金¥237,600(税込)

治療費、施術費に関しては、こちらを御覧下さい。
https://www.dr-yamamoto.com/cost/?ca=2

ご質問がある方は、こちらまでメールを頂きたいと思います。私が責任をもって拝読させていただいておりますが、時間の関係上、スタッフが返信を書かせて頂いております。

https://www.dr-yamamoto.com/contact/

また、スタッフブログもぜひご覧下さい。
http://ameblo.jp/yamaclistaff


当院のインタグラムのページもありますので、よろしければご覧下さい。
https://www.instagram.com/shinjyuku.yamamotoclinic/


今回は、鼻尖部の形状と小鼻の広がりが気になっているということで、鼻尖形成術(鼻尖縮小術)と小鼻縮小術(鼻翼縮小術)を同時に行いました。

BACK 一覧へ NEXT
メールでのお問い合わせ・ご相談はこちら