現役医師による美容外科コラム

Case

目の形成/二重切開法鼻の手術/小鼻縮小

  • 第432話 2021/01/05
  • 小鼻縮小

小鼻縮小術は、デザインだけでは上手くいかない??メスをマニアックに使う!!

まず、このお話にご協力いただいたモニターの方に、この場をお借りして深謝いたします。

『手術をして小鼻の丸みが無くなりませんか?』『コンセント鼻に変形しませんか?』というような質問をよく受けるということを前回も書きました。

こうした事態にならないためには、小鼻切除のデザインとともに、『切り方』も非常に大事ということをご紹介したいと思います。

私が、デザインが大事だといつも書いていますので、『デザインさえきちんとやれば、良い』と誤解されるのもしょうがないのかもしれません。

しかし、皮膚表面だけでなく。小鼻の厚みの組織の切り方も非常に大事なのです。

まず、術前、術後3か月の正面の状態の変化をお見せします(写真1, 2)。
Before Before

手術前(写真1)

After After

術後3カ月(写真2)

正面から見た鼻の穴の感じが変わったことがお分かりいただけると思います。

After

手術前(写真3)術後3カ月(写真4)

下から見た状態を比較して頂くと、変化が認識しやすいかもしれません(写真3, 4)。
After
ここで、小鼻の切り方をご紹介したいと思います(写真5)。

写真の中に黄色い矢印で示した部分が、小鼻の厚みの組織です。

ここを切り取ってしまうと、小鼻がつぶれたように仕上がってしまいますので、この部分をいかに残すのかを考えながらメスを使います。

また、縫合をする際に寄せる方向性、縫合する際の力加減に細心の注意を払う必要があります。
After

手術前(写真6)術後3カ月(写真7)

斜めから見て頂くと、小鼻位置も若干上がり、『小鼻のボリューム感は、減ったけれども、小鼻の丸みが失われていない』ことに気が付かれるはずです(写真6, 7)。

よく、『小鼻縮小の切除幅は何ミリですか?』という質問も受けますが、同じような幅でデザインしたとしても、小鼻の厚みの部分の組織をどのように切ったかによって、仕上がりは大きく変わってしまいます。

重要なのは、『何ミリ切った』という事ではなく『どのように切って、どのように縫ったのか』という事だと私は考えています。

小鼻縮小術は、小鼻を切り取ってしまう手術ですので、修正が出来ないことも多いというのが現状です。

その点を充分に踏まえ、担当される先生が『どのように手術するのか』をよく検証されることをお勧めします。
ブログでは手術デザインについてご紹介しております。
https://ameblo.jp/dr-y-yamamoto/entry-12647524230.html

noteでは縫い方についてご紹介しております。
https://note.com/yamamotoclinic/n/n04bcbb755992
※出血シーンが含まれておりますので閲覧にご注意ください


施術名:小鼻縮小術(鼻翼縮小術)

施術内容:鼻が大きい・小鼻の広がりを解消する

副作用(リスク):抜糸後、1~3ヵ月程度は傷の赤みがある

価格:通常料金¥297,000モニター料金¥237,600(税込)


治療費、施術費に関しては、こちらを御覧下さい。
https://www.dr-yamamoto.com/cost/?ca=2


ご質問がある方は、こちらまでメールを頂きたいと思います。私が責任をもって拝読させていただいておりますが、時間の関係上、スタッフが返信を書かせて頂いております。

また、スタッフブログもぜひご覧下さい。
https://ameblo.jp/yamaclistaff

当院のインタグラムのページもありますので、よろしければご覧下さい。
https://www.instagram.com/shinjyuku.yamamotoclinic/

今回は小鼻切除のデザインとともに、『切り方』も非常に大事ということをご紹介したいと思います。

BACK 一覧へ NEXT
メールでのお問い合わせ・ご相談はこちら