現役医師による美容外科コラム

Case

目の形成/二重切開法鼻の手術/小鼻縮小

  • 第420話 2020/07/23
  • 小鼻縮小

小鼻縮小術って、コンセント鼻にならないの??

まず、このお話にご協力いただいたモニターの方に、この場をお借りして深謝いたします。

今回ご紹介するのは『小鼻縮小術』です。この手術も何回も書いていますが、手術をすればするほど、色々な形状の方にお会いするので、『デザイン命!』の手術だと痛感させられます。

では、早速ですが、前(写真1)と術後3か月(写真2)の書面の変化をご覧頂きたいと思います。
Before Before

手術前(写真1)

After After

術後3カ月(写真2)

『鼻の印象が何となくすっきりした』のではないでしょうか?

私は、このような『微妙な変化』を得意としていて、自然な変化に仕上げるようにしています。

After

手術前(写真3)術後3カ月(写真4)

斜めから見て頂くと、小鼻のボリューム感の変化に気が付かれるはずです(写真3,4)。
After

手術前(写真5)術後3カ月(写真6)

横から見て頂くと、小鼻の位置が若干高くなっていることがお分かりいただけると思います(写真5, 6)。
After

デザイン(写真7)

最近、患者さんからは、『コンセント鼻にならないか不安』というご質問をされることも少なくないのですが、これは、手術デザイン、技術的な問題が原因となることが多く、『直線的なデザイン』『メスを直線的に切ること』をすると、コンセント鼻が仕上がってしまうと思います。

こで、私のデザインをお見せします(写真7)。

曲線デザインになっているのがお分かりいただけますでしょうか?
After

切除幅(写真8)

実際にどの程度の切除幅なのかをスケールをあてたものをお見せしますので、ご参考にして下さい(写真8)。

これだけと思われるのか、こんなにと思われるのかは分かりませんが、一般的には3 – 4mmの小鼻切除幅が平均的だと思います。
After

片側切除後(写真9)

では、切除すると、どの程度の変化になっているのかを、理解しやすくするために、片側のみ切除した状態をお見せしますので、ご参考にして頂きたいと思います(写真9)。
いつも同じことを書きますが、同じ名前の手術であっても、担当医によって結果が異なります。

複数の医師が在籍している医療機関では、『どの先生が手術するのか』ということは、非常に重要です。

当院では、医師が私しかいない『ワンドクター制』を取っています。

また、一人しか医者がいないために、クリニック全体は非常にゆったりとした空間の造りになっています。

また、医者として、『必要ない手術は勧めない』という方針ですので、『目のカウンセリングに行ったら、鼻も勧められた』『色々な手術を勧められて、高額でびっくりした』というような状況にはなりませんので、安心して来院して頂けると思います。

私のクリニックの特徴として、『他院修正』を積極的にやっていますが、修正手術を受ける必要がないように初回の手術の際に『担当を吟味する』ということを慎重にして頂きたいと思います。

こちらの方の手術後の腫れについてはブログにてご紹介しております。
https://ameblo.jp/dr-y-yamamoto/entry-12611981488.html

術後1か月後の状態はNOTEにてご紹介しております。
https://note.com/yamamotoclinic/n/n6beed2a9cefe
※出血シーンが含まれております。閲覧にはお気を付けください。




施術名:小鼻縮小術(鼻翼縮小術)

施術内容:鼻が大きい・小鼻の広がりを解消する

副作用(リスク):抜糸後、1~3ヵ月程度は傷の赤みがある

価格:通常料金¥297,000モニター料金¥237,600(税込)


治療費、施術費に関しては、こちらを御覧下さい。
https://www.dr-yamamoto.com/cost/?ca=2


ご質問がある方は、こちらまでメールを頂きたいと思います。私が責任をもって拝読させていただいておりますが、時間の関係上、スタッフが返信を書かせて頂いております。
https://www.dr-yamamoto.com/contact/

また、スタッフブログもぜひご覧下さい。
https://ameblo.jp/yamaclistaff

当院のインタグラムのページもありますので、よろしければご覧下さい。
https://www.instagram.com/shinjyuku.yamamotoclinic/

今回ご紹介するのは『小鼻縮小術』です。この手術も何回も書いていますが、手術をすればするほど、色々な形状の方にお会いするので、『デザイン命!』の手術だと痛感させられます。

BACK 一覧へ NEXT
メールでのお問い合わせ・ご相談はこちら