現役医師による美容外科コラム

Case

目の形成/二重切開法鼻の手術/複合手術(2つ以上の手術)

  • 第425話 2020/09/25
  • 複合手術(2つ以上の手術)

鼻尖形成術(団子鼻手術)と小鼻縮小術で自然に少しだけ変化させる

まず、このお話にご協力いただいたモニターの方に、この場をお借りして深謝いたします。

今回ご紹介するのは、鼻尖形成術(団子鼻手術)と小鼻縮小術を同時に受けられた方です。

手術の方法に関しては、他のコラムでもご紹介していますので、そちらもご参照頂きたいと思いますが、このお話では、私の手術でのこだわりポイントもご紹介したいと思います。

『2つも手術を受けて、これだけなの?』と思われる方には、私の手術感性は合わないと思いますので、他院をご検討されることをお勧めします。

私は、大きな変化を出して、別人にするというよりも『雰囲気を変える』という微妙なラインを得意にしていますし、悪い言い方をすると、それしか出来ませんので、当院の数々の症例写真からその感性をご理解頂きたいと思います。

では、正面の術前(写真1)と術後3か月(写真2)の状態変化をお見せしたいと思います。
Before Before

手術前(写真1)

After After

術後3カ月(写真2)

小鼻も小さくなっているのですが、『何となく鼻がすっきりしたように感じる』のではないでしょうか?

After

手術前(写真3)術後3カ月(写真4)

斜めから見て頂くと、術前(写真3)と術後3か月(写真4)では、小鼻の位置が若干変わり、鼻筋が微妙に通ったように見える程度で、正面から見た状態よりも変化が分かり難いかもしれません。
After

手術前(写真5)術後3カ月(写真6)

ところが、下から見て頂くと、術前(写真5)と術後3か月(写真6)では、変化が非常に分かり易いと思います。

小鼻の横幅、鼻尖共に変化しているのに気が付かれるはずです。

このように、ある角度から見ると、しっかりと変化が出ている手術をすると、『何となく変わった』という感じに仕上がります。

写真で、様々な角度からの変化が分かる場合は、『素人目に見てもはっきりと変わった』と思われる変化に仕上がるのが一般的です。

こうした担当医の感性を術前にきちんと認識しないと、手術後に『思っていたのと違う』と悩んでしまうことになると思います。
After

手術前(写真7)術後3カ月(写真8)

さて、ここで手術に対してのこだわりをご説明したいと思います。

よく書いていることなのですが、『美容外科の手術はデザインで決まる』と考えていて、これを『デザイン力』と呼んでいます。

小鼻縮小術のデザインで大事なのは、『直線的にデザインしない』ことだと思います。

どの程度の切除幅で、どのようにデザインしたのかをお見せしたいと思います(写真7, 8)。
After

術中ポイント(写真9)

また、術中の工夫も大事です。

鼻尖の軟骨を曲げる際に、すじを入れることにより、軟骨を曲がりやすくし、形状の後戻りがないように工夫しています(写真9)。

術後に、ギブスにて形状を矯正する必要性がないのは、この為です。

しかし、このすのつけ方にも『コツ』があり、どの方向に、どの程度の深さにするのかというのは、医者の技術的な部分であると言えます。
当院は、修正手術を積極的に行っているために、色々な医療機関で手術された方にお会いします。

小鼻縮小術後に、切除量が多すぎで、小鼻が小さくなってしまった場合には、非常に修正が難しくなってしまいます。

いつも感じているのですが、修正手術を受ける必要が無いように、手術前に『担当医の好み、考え方』を把握するがことが、何より大事だと思います。
※出血シーンが含まれておりますので、閲覧にはご注意ください。


手術内容:鼻尖形成術/鼻尖(鼻先)の形状を細く整える
    :小鼻縮小術/小鼻を小さくする、鼻の穴を小さくする

副作用(リスク)
:鼻尖形成/鼻先にテープ固定、皮下出血の可能性・
        :小鼻縮小/皮下出血の可能性、切除しすぎると不自然な小鼻になる可能性がある

施術料金:鼻尖形成術(鼻尖縮小術)¥264,000(税込)モニター料金¥211,200(税込)
    :小鼻縮小(鼻翼縮小)¥297,000(税込)モニター料金¥237,600(税込)

治療費、施術費に関しては、こちらを御覧下さい。
https://www.dr-yamamoto.com/cost/?ca=2

ご質問がある方は、こちらまでメールを頂きたいと思います。私が責任をもって拝読させていただいておりますが、時間の関係上、スタッフが返信を書かせて頂いております。

https://www.dr-yamamoto.com/contact/

また、スタッフブログもぜひご覧下さい。
http://ameblo.jp/yamaclistaff


当院のインタグラムのページもありますので、よろしければご覧下さい。
https://www.instagram.com/shinjyuku.yamamotoclinic/


この方の場合、笑った時の小鼻の広がりと鼻尖(鼻先)の形状が気になるということで小鼻縮小術(鼻翼縮小術)+鼻尖形成術(鼻先縮小術)を行いました。

BACK 一覧へ NEXT
メールでのお問い合わせ・ご相談はこちら