現役医師による美容外科コラム

Case

目の形成/二重切開法鼻の他院修正手術

  • 第434話 2021/01/25
  • 鼻の他院修正手術

小鼻縮小術、案外いっぱい切っても大丈夫??

まず、このお話にご協力いただいたモニターの方に、この場をお借りして深謝いたします。

『手術をして小鼻の丸みが無くなりませんか?』『3mm以上切ったらやばいって聞いたんですけど』等々色々なコメントを患者さんから頂きます。

『3㎜を切ると』という基準が、私には理解できません。

なぜなら、人によって小鼻の大きさが違うからです。

強いて表現するなら『何パーセントを切除すると』という表現であってしかるべきだと思います。

しかし、私は、この切除幅を云々言うよりも『どのように切るのか』ということが非常に大事だと考えています。

同じ切除幅であっても直線的に切るのと曲線的に切るのでは、仕上がりが全く違いますし、小鼻の内部の組織を切ってしまうのと残して切るのとでは、ボリューム感に大きな違いが生じてしまいます。

いつも患者さんには、『自分と感性が似ている担当医を探すことが非常に大事』とお話していますが、お勧めは、担当する医師が手術した症例を色々と見ることだと思います。

手術前にカウンセリングした医師と手術する医師が異なる場合は、担当する医師と必ず直に会って話をすることが非常に大事だと思います。

では、私の患者さんの術前(写真1)と術後3か月(写真2)の正面の状態を比較して頂きたいと思います。
Before Before

手術前(写真1)

After After

術後3カ月(写真2)

この方は、以前他院にて小鼻縮小を受けられていますので、当院では2回目の手術になりますが、小鼻が若干小さくなったのがお分かり頂けますでしょうか?

After

手術前(写真3)術後3カ月(写真4)

横から見て頂くと小鼻の位置も若干上がったのに気が付かれるはずです(写真3, 4)。
After

手術前(写真5)
術後3カ月(写真6)

下から見あげた状態では、術前(写真5)と術後3か月の小鼻の状態変化が、よりはっきりと認識出来るはずです。
こうした変化をご覧になって、『何が変わったのか、よく分からない』という方は、私の手術は絶対に受けてはいけないと思います。
どの医師が上手かというよりも、どの医師の手術が好きかということを考えて頂くのが現実的で、食べ物で言うと、『どの料理屋の味が好きか』ということに似ていると思います。
ブログでは小鼻の切除幅についてご紹介しております。
宜しければご覧下さい。

https://ameblo.jp/dr-y-yamamoto/entry-12651505476.html

noteでは、小鼻の切除前と切除後の比較についてご紹介しております。
https://note.com/yamamotoclinic/n/na18504429967
※出血シーンが含まれておりますので閲覧にはくれぐれもお気を付け下さい。



施術名:小鼻縮小修正(鼻翼縮小修正)

施術内容:この方の場合、他院にて小鼻縮小を受けられ、もう少し小さくしたいとのご希望で小鼻を小さくしました

副作用(リスク):抜糸後1ヵ月程度は傷跡の赤み

施術料金:通常料金¥440,000(税込)モニター料金¥374,000(税込)


治療費、施術費に関しては、こちらを御覧下さい。

https://www.dr-yamamoto.com/cost/?ca=14


ご質問がある方は、こちらまでメールを頂きたいと思います。私が責任をもって拝読させていただいておりますが、時間の関係上、スタッフが返信を書かせて頂いております。

https://www.dr-yamamoto.com/contact/

また、スタッフブログもぜひご覧下さい。
https://www.dr-yamamoto.com/contact/

当院のインタグラムのページもありますので、よろしければご覧下さい。
https://www.instagram.com/shinjyuku.yamamotoclinic/

今回は小鼻縮小術についてご紹介致します。

BACK 一覧へ NEXT
メールでのお問い合わせ・ご相談はこちら