現役医師による美容外科コラム

Case

目の形成/二重切開法鼻の手術/鼻尖形成(軟骨縫縮・移植)

  • 第292話 2017/08/26
  • 鼻尖形成(軟骨縫縮・移植)

鼻尖軟骨縫縮(団子鼻手術)の変化と効果

はじめに、このお話にご協力いただいたモニターの方に、この場をお借りして深く感謝いたします。
鼻尖軟骨縫縮の手術において、患者さんからは相変わらず『他院で変化が出ないと言われた』、『鼻先が上を向くのでやめた方が良い』というようなマイナスイメージのお話を聞くことも、稀ではありません。

私の鼻尖軟骨縫縮のやり方は、一般的な術式と異なりますが、色々な方をご紹介しますので、参考にしていただきたいと思います。


以前より、効果には、個人差(軟骨の大きさと皮下組織の厚さによって影響される)があるという事は、ご紹介していますので、イメージをつかんでいただきたいと思います。


また、今回の方は腫れが強く出ましたので、術後の経過も個人差として、ご紹介したいと思います

術前と術後3か月の状態を比較していただきたいと思います。
Before Before

術前の状態です。

After After

術後3ヶ月の状態です。

まず正面からの状態変化です。

鼻先のボリューム感が減って、鼻筋が、すっきりとしたのがお分かりいただけると思います。


斜めからの状態を比較していただくと、写真では、あまり変化が感じられないかもしれません。
しかし、下から見上げた状態では、鼻先が細くなって、少し高くなったのがお分かりいただけると思います。

横顔を見るとアップノーズ(鼻先が上を見いている状態)にはなっていないのもお分かりいただけると思います。


全体的な変化としては、非常にマイルドだと思います。久しぶりの人にも『痩せた?』『感じがなんとなく変わったよね』等のコメントをもらう程度の変化だと思います。

この変化が良いのか、悪いのかというのは、患者さんによって受け取り方が違うと思います。もう少し鼻先を高くしたい場合には、鼻尖部に軟骨移植を併用した方が効果がしっかりと出せます。

医師の中には、ともすると『はっきりとした変化』を出したことが『綺麗にした』と感じる方も多いようです。

しかし、私は日本人に好まれるのは『人には指摘されない程度』の微妙な変化だと思っていますし、そのような手術を好んで行っています。

『昨日の私とは、さようなら』というような感性の方には、私の手術はお勧めできませんので、他院を選ばれた方が良いと思います。


いつも書いていますが、手術の技術的な問題もありますが、担当医の『感性』との相性は、美容外科の手術においては、何よりも大事です。

ご自分に合った担当医を探されることが、手術を成功させる秘訣だと思いますので、術前の打ち合わせを大事にしていただきたいと思います。
After

抜糸直後の状態です。

術後の腫れについても御紹介したいと思います。

先述しましたように、この方は『腫れが強めに出た方』ですので、ご参考にしていただければ幸いです。


術後5日目の抜糸時の状態です。

鼻先の皮下出血が目立ち、横から見ると腫れのために丸く膨らんだように見えます。
最後に、この手術の利点と欠点について簡単にまとめてしまおうかと思います。

利点は、大きな変化は望まないけど、ご自分ではお分かりになる効果が出せ、傷が鼻の穴の中にしかつかないことで、欠点は、大きな変化が出せないことだと思います。


治療費、施術費に関しては、こちらを御覧下さい。
http://www.dr-yamamoto.com/cost/?ca=2


ご質問がある方は、こちらまでメールを頂きたいと思います。私が責任をもって拝読させていただいておりますが、時間の関係上、スタッフが返信を書かせて頂いております。
http://www.dr-yamamoto.com/contact/


また、スタッフブログもぜひご覧下さい。
http://ameblo.jp/yamaclistaff


当院のインタグラムのページもありますので、よろしければご覧下さい。
https://www.garow.me/users/shinjyuku.yamamotoclinic/5705687229

団子鼻手術、鼻先を細く、鼻先を縛る、鼻先形成、鼻先を高く

BACK 一覧へ NEXT
メールでのお問い合わせ・ご相談はこちら