美容外科話

COLUMN

鼻の他院修正手術

【他院の小鼻縮小術の修正】小鼻縮小後の左右差を改善する

手術名:小鼻縮小修正+だんご鼻解消術(鼻尖縮小術)

まず、このお話にご協力いただいたモニターの方に、この場をお借りして深謝いたします。

今回ご紹介するのは、他院にて小鼻縮小術を受けたが、左右差が気になるというご相談で治療した方です。

BEFORE
手術前(写真1)
AFTER
術後6カ月(写真2)

まず、術前の正面写真をご覧頂きたいと思います(写真1)。

ご本人のお悩みが理解できるものの、この左右差を手術的にそろえるというのは非常に難しいことが多いです。

ご本人的には、『少しでも改善されれば、手術を受けたい』というご希望でしたので、手術を請け負うことにしました。

また、同時に鼻尖形成術のご希望もあり、こちらの手術も行うことにしました。

術後6か月の状態を御覧に入れたいと思います(写真2)。

若干左右差が軽減し、小鼻の付け根の位置が変わったことがお分かりいただけますでしょうか?


術前(写真3)術後6カ月(写真4)
術前(写真3)術後6カ月(写真4)

下から見て頂くと、術前(写真3)と術後6か月(写真4)では、鼻の穴の左右差も改善していることがお分かり頂けると思います。

こうした術前後の状態変化を見て頂くと、小鼻も結構切り足したのかな?と思われるかもしれません。

この方の場合は、前医が術前の左右差を考慮せずに手術を行った為に、『小鼻の小さくする方向』に問題が生じたように思われました。

従いまして、手術計画としては、皮膚切除の範囲は最小限にしつつ、中縫い等の処理を中心に考えました。

写真5、6
写真5、6

手術デザインをお見せします(写真5、6)。

切除皮膚範囲が最小限に抑えられているのがおわかり頂けると思います。

こうした左右差を軽減させるためには、左右に異なった線を引く『デザイン力』ではなく、糸の方向、力の方向性、糸の締め具合といった『中処理の修正能力』が要求されます。

前医での手術は、『左右差を考慮して手術を行っていれば』結果が違っていた可能性が高いと思われます。

相変わらず、『小鼻縮小手術で、小鼻がつぶれたようになった』『小鼻の手術を受けたら、よけい大きく見えるようになった』等々、様々なお悩みの患者さんに多くお会いします。

手術は、同じ施設であっても担当医が変われば、別物になりますし、まして医療機関が違えば全く別物になってしまうというお話は、すでに何回も書いていますので、周知の事実なのかもしれませんが、医療機関が混み合っていると、手術時間の枠が非常に短く設定されている可能性もあります。

手術時間枠が短いと『左右差を考慮して』という時間が無くなってしまいますので、どのような体制で手術を行っているのかを術前によく聞かれることをお勧めします。

美容外科手術の成功は、『担当医とよく相談すること』だと言っても過言ではないと思っています。小鼻縮小修正の傷に関してはブログにてご紹介しておりますので、宜しければ併せて御覧下さい。
https://ameblo.jp/dr-y-yamamoto/entry-12691136464.html

同時に行った鼻尖形成直後についてはnoteにてご紹介しておりますので

併せて御覧下さい。

https://note.com/yamamotoclinic/n/n707d6252ec30

関連動画はこちらです。※出血シーンがございますので閲覧にはお気を付けください。

施術名:小鼻縮小修正(鼻翼縮小修正)+だんご鼻解消術(鼻尖縮小術)

施術内容:この方の場合、他院にて小鼻縮小を受けられ、左右差が気になるというご希望と鼻尖(鼻先)も気になるとのことでしたので、小鼻縮小修正+だんご鼻解消術(鼻尖縮小術)を同時に行いました。

副作用(リスク):抜糸後1ヵ月程度は傷跡の赤み・左右差・腫れ

施術料金:小鼻縮小修正 通常料金¥462,000(税込)モニター料金¥392,700(税込)
    :だんご鼻解消術 通常料金¥308,000(税込)モニター料金¥246,400

小鼻縮小後の左右差を治して鼻をサイズダウンをさせる

今回ご紹介するのは、他院にて小鼻縮小術を受けたが、左右差が気になるというご相談で治療した方です。

BEFORE
術前(写真1)
AFTER
術後6カ月(写真2)

まず、術前の正面写真をご覧頂きたいと思います(写真1)。

これをご覧になって、どのように思われるでしょうか?

ご本人のお悩みが理解できるものの、この左右差を手術的にそろえるというのは非常に難しいと思われ、『小鼻の形状も気になっているようでしたら、修正手術をする意味があるかもしれません』とお返事しました。

ご本人的には、もう少し小鼻も小さくしたいというご希望もありましたので、手術を請け負うことにしました。

術後6か月の状態を御覧に入れたいと思います(写真2)。

若干左右差が軽減し、小鼻の大きさも少しサイズダウンしたのがお分かりいただけますでしょうか?


手術前(写真3)術後6カ月(写真4)
手術前(写真3)術後6カ月(写真4)

斜めから見て頂くと、術前(写真3)と術後6か月(写真4)では、小鼻の垂れ下がったような感じが若干変わったのがお分かりいただけるかもしれません。

手術前(写真5)術後6カ月(写真6)
手術前(写真5)術後6カ月(写真6)

また、横から見て頂くと、術前(写真5)の矢印で示した部分の位置が、術後6か月(写真6)では、少し上がったのがお分かりいただけるはずです。

手術デザイン(写真7)
手術デザイン(写真7)

こうした左右差を軽減させるためには、左右に異なった線を引く『デザイン力』が要求されます。

この方の場合も、左右で違うデザインをしました(写真7)。

前医での手術が技術的に問題だったとは、思いませんが、人間は左右差がありますので、手術をする際に『左右で違うデザインをしていれば』結果は違っていたのかもしれません。

相変わらず、『小鼻縮小手術で、小鼻だけ手術するとバランスがおかしくなるって聞いたんですけど』『小鼻の手術やるなら、鼻尖も絶対やらないとダメだって言われました』等々患者さんからは、いろいろなコメントを頂きます。

私は、小鼻縮小術は、小鼻の形状や大きさが気になっている方に対して行うものなので、小鼻縮小術をすることによって、『絶対に』鼻尖が気になってしまうような手術であれば、そもそもの適応も見直す必要があるのかもしれないと考えています。

色々な担当医によって考え方は千差万別ですが、私は『なるべく最小限の手術で』と考えていますし、一部位の手術をすることによって他部位との調和やバランスが取れなくなってしまうような場合は、患者さんとよく相談することが大事であると考えています。

また、手術は、同じ施設であっても担当医が変われば、別物になりますし、まして医療機関が違えば全く別物になってしまいます。

ですから、担当医とよく話すという事は非常に大事だと思います。美容外科手術の成功は、『担当医とよく相談すること』から始まると思います。

手術後の腫れについてはブログにてご紹介しておりますので、宜しければご覧下さい。
https://ameblo.jp/dr-y-yamamoto/entry-12676496909.html

小鼻縮小術でよく聞く失敗についてご紹介しております。
https://note.com/yamamotoclinic/n/n6e0c73443996

※出血シーンが含まれておりますので、閲覧にはくれぐれもお気を付け下さい。

施術名:小鼻縮小修正(鼻翼縮小修正)

施術内容:この方の場合、他院にて小鼻縮小を受けられ、左右差が気になる・もう少し小さくしたいというご希望でしたので、修正手術を行いました。

副作用(リスク):抜糸後1ヵ月程度は傷跡の赤み

施術料金:通常料金¥385,000(税込)モニター料金¥308,000(税込)

治療費、施術費に関しては、こちらを御覧下さい。
https://dr-yamamoto.com/cost/

ご質問がある方は、こちらまでメールを頂きたいと思います。私が責任をもって拝読させていただいておりますが、時間の関係上、スタッフが返信を書かせて頂いております。
https://dr-yamamoto.com/contact/

また、スタッフブログもぜひご覧下さい。
https://dr-yamamoto.com/contact/

当院のインタグラムのページもありますので、よろしければご覧下さい。
https://www.instagram.com/shinjyuku.yamamotoclinic/

『美容外科話』著者

  • 山本 豊【山本クリニック院長】

    1992年 東京医科大学卒業。2004年8月 山本クリニック設立。
    美容外科の手術を中心に行っているクリニック。 他院手術トラブル修正手術、海外で受けた修正手術にも対応している。日本アンチエイジング外科・美容再生研究会 元指導医。医療法人社団 豊季会 理事長。資格:医学博士(甲種)、日本外科学会認定医、日本アンチエイジング外科学会 名誉理事、JAASアカデミー最高指導医。

関連する症例