現役医師による美容外科コラム

Case

目の形成/二重切開法目の手術/目頭切開

  • 第68話 2006/04/12
  • 目頭切開

目頭切開の効果

以前、第51話で目頭切開の術式のご説明と実際の縫合の写真をお見せしましたが、“全然変わっていない気がする”等のご指摘も受け、また現実的に部分の写真では効果が分かりにくく、あの写真だけでは、目頭切開のイメージがつかみ難いと私も思いましたので、今回は片目全部をお見せして、どれだけの効果(目の感じが変わるか)が出るのかをご理解いただけたらと思います。

この話に写真を提供していただいた患者さんには、この場をお借りして深く感謝いたします。

例によって、これは私の手術ですし、前回のお話でもご紹介したように、術式自体もいくつかありますので、参考程度に考えていただけたら良いのではないかと思います。

今回は、術式の説明は、省かせていただき、場合によっては、前回の第51話と一緒に写真を見ていただくと、傷をどのように縫い合わせて、抜糸後(今回の写真)の傷がどうなるかが理解しやすいのではないかと思います。
Before Before

まず、術前の写真を示しますが、蒙古襞が張っていて“つっぱったような感じ”になっているのが分かると思います。

After After

この襞に切れ目を入れて縫い合わせる訳ですが、術後の目の形が“横長になった”のがお分かりいただけると思います。

このように部分的に少し切っただけでも、目の感じがかなり変わります。
そのため、大きく切ってしまうと取り返しのつかない事態を招いてしまうのです。

私の外来にいらっしゃる目頭切開の修正の方の中には

1.切りすぎてしまった
2.縫合の傷がきたなくなってしまった

という2通りの場合がありますが、特に1.の場合には、非常に修正が難しいので、術前には、くれぐれも担当医と打ち合わせをして、失敗の無いようにして下さい。よく、“患者さんのプライバシーに関わるので、写真は一切見せられない”と他院で言われたというような方にお会いします。

しかし、“担当医の腕が分からずに受ける手術程恐いものは無い”と私は思います。

この方は、術後1ヶ月が経過していますが、術直後の写真(第51話)でもお分かりいただけるように、“あまり腫れない”手術ですので、術後すぐに効果が実感出来るのではないでしょうか?

また、抜糸(術後5日から7日)後翌日からお化粧も可能ですので、切る割にはダウンタイムの少ない手術だとも言えます。このようにある意味で“気楽な手術”なのですが、修正が最も難しい手術の一つですので、くれぐれも良く検討した上で手術を受けられるようにお勧めいたします。

最近、インターネットの普及で、反対に間違った知識を鵜呑みにしている方にもお会いしますので、患者さんには術前の担当医の診察を非常に大事にしていただきたいと思います。

治療費、施術費に関しては、こちらを御覧下さい。

http://www.dr-yamamoto.com/cost/?ca=1


ご質問がある方は、こちらまでメールを頂きたいと思います。私が責任をもって拝読させていただいておりますが、時間の関係上、スタッフが返信を書かせて頂いております。

http://www.dr-yamamoto.com/contact/


また、スタッフブログもぜひご覧下さい。

http://ameblo.jp/yamaclistaff

当院のインタグラムのページもありますので、よろしければご覧下さい。

https://www.instagram.com/shinjyuku.yamamotoclinic/


BACK 一覧へ NEXT
メールでのお問い合わせ・ご相談はこちら